フロアコーティングを施す前に気をつけること

フロアコーティングはフローリングの床などを傷や汚れ、日焼け、湿気などから守って劣化を防ぎ長く美しい床を保つために施すものです。
フロアコーティングはほぼどのような床でも施工は可能です。

例えば床暖房機能がついている床の場合にはUVコーティングやウレタンコーティング、シリコンコーティングなど塗料に耐熱性のあるものを選ぶようにすると良いです。
仲でも紫外線を照射して塗料を瞬時に硬化させることができるUVコーティングがおすすめです。

UVコーティングは他のコーティング方法に比べてはがれにくく、熱湯をこぼしてしまったりタバコに火がついたまま謝って落としてしまっても床にあとが残りにくいと言う特徴を持っています。


フロアコーティングを施す前に気をつけたおきたいこととしては、床の状態によってはコーティングが難しかったり、追加料金が発生してしまう場合があります。

どういう場合かと言うと、床に傷がある場合にそのままコーティングをしてしまうとその後、補修することが困難になってしまいます。



そのため傷の大きさに関係なく、まずは床の補修をすることが大切になります。



その他にも床にワックスが何重にも塗ってあると、そのワックスを落とす作業が必要となり手間と費用がかかりますし、すでにフロアコーティングがしてあるという場合にも塗ってあるコーティングを剥がしてから新たにコーティングするため、手間と費用がかかってきますがフローリング自体に傷をつける可能性が高いので依頼する業者によってはフロアコーティングを断られてしまうことがありますので気をつけましょう。