エコカラットの色々な魅力

注目をとても大きく浴びているエコカラットという室内の空気をキレイにする壁材タイルがあります。

呼吸するタイルとも呼ばれます。
粘土などものすごく細かい孔をもつ、すごく高い呼吸能力があるものがその原料です。


このタイルをはることによって健康的で快適な室内環境になります。

また、このタイルは木材に近い光の反射率をもちます。

このため、まぶしさが抑えられて目にやさしいです。

ビニールクロスなどに比べて、まぶしさがとても抑えられるのです。このため、安らぎを感じる部屋になります。その陰影感を照明で演出することなどもできます。
演出が室内のインテリアをより魅力的にします。



上記のようなエコカラットは日本で初めてホルムアルデヒド低減建材の認定を得たタイルです。
ホルムアルデヒドは建材や家具などから生じる、健康に悪影響がある化合物です。さらに調湿建材の登録を得ています。



健康に配慮した、湿気をコントロールする機能をもつタイルなのです。

夏場のジメジメも冬場のカラカラも、この機能によって調節できます。

カビ、ダニが好む高湿度の抑制もします。
なおカビ、ダニが繁殖しやすいのは湿度80%以上です。

室内の臭いを軽減する脱臭効果もあります。

トイレ臭やタバコ臭などの原因のアンモニアなどを吸着します。
エコカラットは環境を考慮した建材でもあります。

電気やガスなどのエネルギーに頼ることなく湿度を調節できるものだからです。

非常に優れた建材です。